金・ブランド品・本などをネットの買取サービスで売った話

金・ブランド品・本などをネットの買取サービスで売った話

高級品は買った時にはすごく価値があると思っても

★ 36歳 男性
高級品は買った時にはすごく価値があると思っても、時が経つにつれ使わなくなってくるものです。
本も生活用品もその時には欲しいと思っても、時期を見て売りたいと思うことがあるでしょう。今は昔のように質屋に売るような概念はなく、ネットオークションに出したり買取専門のお店に持っていったりして、査定をしてもらうのが主流です。

特にネットを介する場合は高値がつきやすく、多くの人に見てもらうことができるので、本当の価値がわかります。大手の買取専門店の場合、傷や汚れなどを見て価格を決めるので、オークションほど高値はつきません。
しかし、確実に買い取ってくれるので、売る側としては困らないでしょう。
私はネットの買取サービスでブランドもののバッグを売ったことがあります。これは、かつての彼女からもらったもので、どうにも手放すことができなかったのですが、意を決して売ることができました。
けっこう高値がついたのでうれしかったです。

自分が持っているものの価値は、査定してもらわないとわかりません。特に年代ものの時計とか、アクセサリーなどは自分でもその値打ちが理解できないのが普通です。
私も持っているものを改めて、買い取り業者に見てもらおうと考えています。